まったり旅、舞台へ。

管理人のまったり旅写真の、もの置き場。 旅と言っても、マンガ・アニメ咲-Saki-関連作品の舞台探訪(聖地巡礼)記事が中心になります。マイペース旅行、マイペース更新です。

2015年06月

2015.5 北海道 24日日曜 咲-saki-有珠山巡礼オフ 2

朝、旅館で食事をして、まずは金毘羅火口展望台へ向かいました。
この展望台、実は個人の所有地にあり、入場するのに車一台当たり¥1000必要でした。
しかし、洞爺湖、羊蹄山の澄んだ景色がとてもいい。
金比羅火口展望台 単行本13巻巻末
P1000619

131局 打倒
P1000621

天メソのクリアファイルの背景になっていることもあって、多くのメンバーが忙しく写真を撮影。

この後、サイロ展望台で土産を買ったり、ザ、ウインザーホテルの周辺から洞爺湖を展望したりして、そののちに壮瞥公園に移動しました。

壮瞥公園 129局 契機
P1000682

この眺めは有珠山と昭和新山のものですが、天体のメソッドにモデルになった「森と木の里センター」もこの公園内にあります。当センターにはいきませんでしたが。

そののち、洞爺湖市街に戻って食事。食事が済んでから洞爺湖サミット記念館:横を通って金毘羅火口災害遺構散策路へ向かいました。
洞爺湖サミット記念館 129局 契機
P1000690

洞爺湖サミット記念館には入らなかったので、横の写真を撮るだけ(構図が甘いのは個人的事情で現地に行くのが遅れたからです)だったので、大半の時間は金毘羅火口災害遺構散策路で過ごしました。

その後道の駅に向かい、トイレ休憩。そして久保内小学校前に向かいました。

久保内小学校前  129局 契機

20150524_153319

小学校前を去って、支笏湖経由でそのまま新千歳空港に直行。
時間不足のため、支笏湖には立ち寄りませんでした。
空港で有珠山巡礼オフは解散。

これでひとまず一泊二日の有珠山巡礼オフは終了となりました。

2015.5 北海道 23日土曜 咲-saki-有珠山巡礼オフ 1

今までは解説も殆どいれずに写真ばかり貼っていましたが、
ここの本文では咲-saki-に即した説明にしていきたいと思っています。
(したがって、天メソ関係の聖地移動は別途記載予定です)

私は5/22金曜日に到着してたが、初日は札幌に滞在。
二日目の土曜日、朝10時を目標に新千歳空港に集合しました。
まず9名で集合、二台の車に分かれての出発となりました。

高速道路を西へ。ますは尊い名前の有珠山S.Aに立ち寄り。
20150523_114538


時間もそこそこになっていたので昼食も。昼食はホタテうどんを頼みました。
S.Aからの有珠山方面の風景。
20150523_115202


S.Aで一通り休息したので、次は聖地初物件を訪問。
昭和新山遠望の農道 131局 打倒
P1000399

見えるのは有珠山に昭和新山。まさに「聖地巡礼ならでは」の訪問先。


その後列車組をJR駅でピックアップして全員集合。
これで全員がそろいました。
今度はさっきの場所よりももう少し北側まで行きました。
上長和駐車公園 131局 打倒
P1000402

結構大きな駐車場でした。多分事業用車などが駐車するものと思われます。
こんども、有珠山と昭和新山の遠景。

この2つを訪問して、今度は有珠山ロープウェイです。
ちょうどこのロープウェイは有珠山と昭和新山両方のふもと附近から出発していて、
これ
20150523_144414

に乗って山頂まで向かいました。
ロープウェイ有珠山駅 130局 価値
P1000438

ここで撮影の後は、有珠山火口原展望台へ向かってGO。
山の上はかなり冷える、と聞いていたのですが、ロープウェイに乗り込む前に一枚余分に着込みましたが、展望台へ上る坂もあった関係か、汗ばんでしまいました。
もっとも天気が非常に良く、例年よりも北海道の気温が高かったせいもあります。

有珠山火口原展望台。
P1000454

展望台から下っていく一行。

20150523_150922

山頂駅付近から眺めた、洞爺湖や昭和新山の眺め。(パンラマビュー:拡大してください)

P1000478

晴天にも恵まれ、有珠山からの洞爺湖の眺めを存分に楽しみました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その後は、洞爺湖湖畔に降り、1977年火山遺構公園前へと向かいました。

P1000521

そこで、当時被害にあった建物を軽く眺めた後、車はその駐車場に止め、
1977年火山遺構公園前 139局 窮鼠 (おもちエリア)
P1000514
まで歩きました。
洞爺湖の中島が左側に良く見えます。

そして、再び車に乗り、少し西に移動すれば、例の「避難車エリア」です。
避難車エリア  130局 価値
P1000534

洞爺湖と中島が良く眺められ、そのうしろに羊蹄山も見えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その後旅館(ホテルグランドトーヤ)にチェックイン。
洞爺湖湖畔を歩き、みやげ物を買ったり、湖畔の眺めを楽しんだりしました。

洞爺湖湖畔の眺め。
P1000575

泊まったホテル。
20150523_181712

夕食、風呂と一服した後、相変わらずの惨劇。。。

20150524_005846

ただ皆さんすやすや「嫁」と一緒にお休みなのは、今回新千歳の出発が早い関係で寝不足の人が多かったためもあります。

そしてこの光景を横目に、眠い目をこすりながら、カード麻雀を(麻雀レンタルもあったが、貸し出し時間がやたら早かったのであきらめました)。東風戦を一回すんだところで眠気で限界、解散し就寝しました。






とうとう最終日になりました。
宿泊は京王プラザホテル、朝食です。
20150525_074228


その後小樽に向かいました。小樽港にて。
20150525_110830


街の散策開始
P1000741

P1000743

たまたま通りかかった金融資料館にて
P1000745

一億円を持ち上げてみよう。。。試してみました。
P1000763

たまたま寄ったところにしては、入場無料だったし、お金の歴史、現状など
豊富な説明もあり、面白かったです。


昼食、安定のシーフードです。「小樽バイン」にてのワインの購入。
20150525_125210

CGYpHgBUIAEGxgK

街の散策の続き。手宮線跡地です。
P1000771

P1000775

ガラス工芸店に入りました。
P1000778


数々のガラス工芸。美しかったですが、時間の迫っていたこともあり手短にでした。
P1000787

P1000789

小樽の赤レンガ
P1000798


一行で、一人飛行機の時間が早い人がいて、彼を札幌に運ぶために札幌市内へ。
こんなところも通りつつ、札幌へ。
20150525_142930


こんなところにも立ち寄りました。

P1000819

そして空港で解散。飛行機出発までに雪ミクも会いに行き、帰路につきました。
20150525_180641

さて、3日目、ホテルグランドトーヤで朝食を食べ、その後出発。
20150524_070202


まずは金毘羅火口展望台に行きました。
元気に朝から「乃々香可愛いよ」と主張される人も。
P1000594


展望台からの眺めです。
P1000619

P1000621

P1000596

このあと、サイロ展望台に行き、土産物などを買いました。
(土産物を探すのに忙しく、展望台からの風景写真などは取れずでした)
購入した濃厚ヨーグルト
20150524_103501


洞爺湖サミットの開かれた、ザ・ウインザーホテルP1000647

P1000651

P1000659

展望が目的で来ました。羊蹄山を中心に。
P1000669

羊蹄山と洞爺湖(パノラマビュー:拡大してお楽しみください)
P1000674


次は壮瞥公園から。(この区画に、森と木の里センターもあります。)
眺めは昭和新山と有珠山を。
P1000682

(パノラマビュー:拡大してお楽しみください)
P1000684

 
昼食タイム。昨日前を通りかかった望羊蹄で。
20150524_140341

20150524_131406

その後洞爺湖サミット記念館のそばを通り
P1000690

金毘羅火口災害遺構散策路へ
P1000731

P1000723

P1000708

P1000719

そのあと道の駅により、地元のジュースを買い
20150524_151227


久保内小学校に向かいました。
20150524_153319

その後空港に向かい、一時解散。

残留組は6名だったので、その一行で札幌に飲みに繰り出しました。
そこでのおかず。
20150524_201402


懲りもせず、相変わらずの夜の惨劇。
20150524_223731


 

↑このページのトップヘ